占星術

a-7-9.分割図

インド式占星術では、出生図だけで問題を特定・疑問の解消を出来ない場合に分割図を使います。現地の言葉でVargaと呼びます。インド式占星術では出生図と15の分割図を合わせて全部で16の図を利用することができます。最初に分割図の一覧を見てみましょう。
占星術

a-7-8.人生の時間割ヴィムショタリ・ダシャー

インド式占星術の元となるヴェーダの教えでは末法の世と言われる現代において、人の人生は最長で120年とされています。この120年の時間割がわかる便利なシステムがインド式占星術にはあります。ここではヴィムショタリ・ダシャーについてお話しします。
占星術

a-7-7.読解実践-12室ヴィアヤ(廃棄)

ラジャスなのでこの人は廃棄に向けて前向きでしょう。パンチャブータ(五元素)において空なので、捨てる行為の先に何かが残ることは無さそうです。ドーシャ(体質)において3種均等の混合であることから、ありきたりな廃棄となるでしょう。
スポンサーリンク
占星術

a-7-6.読解実践-11室ラーバ(結果)

11室を支配する金星が4室をも支配していることから、土地や家、乗り物から結果や利益を得ることになります。そして、4室在住の火星がドリシュティしていることからその意味は強調されるでしょう。
占星術

a-7-5.読解実践-10室カルマ(行動)

10室にある星座は牡羊座。牡羊座の支配星は火星。火星は天秤座に位置しているため中立星座にいることになります。10室にはラーフがあります。ドリシュティする星は4室にいる火星と月です。
占星術

a-7-4.読解実践-9室ダルマ(希望)

8室にある星座は水瓶座。水瓶座の支配星は土星。土星は魚座に位置しているため中立星座にいることになります。8室には3室・12室を支配する水星と4室・11室を支配する金星があります。水星は中立、金星は友好星座にいることになります。
占星術

a-7-3.読解実践-8室ランドゥ(弱点と寿命)

8室にある星座は水瓶座。水瓶座の支配星は土星。土星は魚座に位置しているため中立星座にいることになります。8室には3室・12室を支配する水星と4室・11室を支配する金星があります。水星は中立、金星は友好星座にいることになります。
占星術

a-7-2.読解実践-7室ユヴァティ(配偶者と相棒)

7室にある星座は山羊座。山羊座の支配星は土星。土星は魚座に位置しているため中立星座にいることになります。7室には2室を支配する太陽があります。太陽は敵対星座にいることになります。ドリシュティするのは4室にある火星と1室にある木星です。
占星術

a-7-1.読解実践-6室アリ(敵)

5室にある星座は蠍座。蠍座の支配星は火星。火星は天秤座に位置しているため中立星座にいることになります。5室には星はありません。火星は10室も支配しています。ドリシュティするのは1室にある木星です。これがクンダリー5室から読み取れる情報です。
占星術

a-6-9.読解実践-5室プトラ(創造と息子)

5室にある星座は蠍座。蠍座の支配星は火星。火星は天秤座に位置しているため中立星座にいることになります。5室には星はありません。火星は10室も支配しています。ドリシュティするのは1室にある木星です。これがクンダリー5室から読み取れる情報です。
スポンサーリンク