a-5-1.牡牛座

インド式占星術の教則本はAMAZONで容易に手に入ります。多くの本に触れてインド式占星術の世界を感覚的につかめるようになることが、習得する上での近道となるでしょう。皆さまが多くの良書に出会えるようお祈りいたします。

スポンサーリンク

牡牛座は2番目の星座となります。誕生時に東の地平線方向(ラグナ)に位置する星座が牡牛座である場合は、牡牛座が持っている性質が本人自身に現れます。

どうしても出生時間がわからない場合、牡羊座1室、牡牛座2室として読み解きます。地球人類の一人としてみる訳です。ただしその場合も星座の境目にある星や、早く動く月の位置については移動の可能性も意識して読み解く必要があります。

※社会からの影響に気持ちが左右されやすい人は、月が入っている星座を1室として見た方が特徴を捉えやすいでしょう。

牡牛座

南式クンダリ―では常に同じ場所にあります。北式では場所が変わります。牡羊座は2と書かれている室に位置します。

インドではヴリシャと呼ばれています。

グナについては支配星のグナと捉えて問題ないでしょう。

牡牛座の支配星は金星です。

パンチャブータ(元素)はです。

ドーシャ(体質)については支配星のドーシャと捉えて問題ないでしょう。

偶数星座なので受動性があります。この星座に位置する星は受動性があるでしょう。

カーストは商人(ヴァイシャ)です。

この星座が最高星位となる星はラーフです。0度から3度内においては最も良い表示となります。ラーフはこの星座の全ての度数において最も良い表示となります。更に3度から30度にとってムーラトリコーナであり、最高星位に次いで良い表示となります。

友好的な表示となるのは水星土星です。

敵対的な表示となるのは太陽木星です。

この星座が最低星位となるのはケートゥです。ケートゥはこの星座の全ての度数において最も居心地が悪くなります。

2番目の星座にあたるので、出生時間が不明な場合牡羊座を身体の「」に見立てて鑑定します。

 

次回は双子座についてお話しします。

a-5-2.双子座

a-5-1.牡牛座

ブログの最初に戻る。

a-1-1.インド式占星術

スポンサーリンク

コメント