2020-08

占星術

a-2-1.星々の位置

インド式占星術では、東の地平線方向、太陽から土星までの目で見ることのできる太陽系内の七つの星、ラーフ・ケートゥ、併せて10個の点が配置図(クンダリ―)に描き表されています。配置図を見てどこに何があるかわかる、そこから鑑定は始まります。
占星術

a-1-9.配置図(クンダリ―)

インド式占星術では空と星の配置を表す図があり、クンダリ―と呼ばれています。北式クンダリ―(回転)とあるのがインド北部地方で主に使われている配置図です。南式クンダリ―(固定)とあるのが主に南部地方で使われている配置図です。
スポンサーリンク

最強!X SERVER!

ugお薦め最強サーバーはX SERVERです。もちろんこのブログもX SERVERを使っています。
占星術

a-1-8.カースト

インド式占星術術では5つの階級を使います。星座という空の区分に対して使われるのはこのうちの4つ、僧侶(バラモン)戦士(クシャトリア)商人(ヴァイシャ)農民(シュードラ)です。