b-2-4.ブリハット パラシャラ ホーラ シャストラChapter3惑星の表意と性質1-3

インド式占星術の教則本はAMAZONで容易に手に入ります。多くの本に触れてインド式占星術の世界を感覚的につかめるようになることが、習得する上での近道となるでしょう。皆さまが多くの良書に出会えるようお祈りいたします。

スポンサーリンク

 

マイトレーヤの問い:

おお、賢者よ、あなたは惑星の化身について親愛を込めて説明してくださいました。 それでは、星々の表意と性質について詳細を教えてくださいますようお願い申し上げます。

 

2-3 賢者パラシャラの返事:

おお、ブラフミンよ、お聞きなさい。天体の配置について説明します。 天空 (空) に見られる多くの発光体のうちいくつかは星と呼ばれ、他のものはグラハまたは惑星と呼ばれます (名付けられています)。 動きがなく場所が固定されているものは、ナクシャトラまたは星群と呼ばれます。

 

用語

  • ブラフミン:僧侶(弟子であるマイトレーヤへの呼びかけ)
  • グラハ:惑星とほぼ同義であるが、恒星である太陽、衛星である月、黄道と白道の交点であるラーフとケートゥも含まれる。
  • ナクシャトラ:星宿(インド占星術においては27の星宿がある)

 

次回はChapter3 惑星の表意と性質 4-6

b-2-5.ブリハット パラシャラ ホーラ シャストラChapter3惑星の表意と性質4-6

※筆者は日本国内および世界における全ての宗教団体とは一切関係ありません。

※サンスクリット語で書かれた原典から英語、英語から日本語への翻訳となっているため、齟齬の可能性をご理解の上、インド式占星術学習の参考にしていただければ幸いです。尚、サンスクリット語から日本語に直接翻訳された書物が下記の電子出版物となります。

 

スポンサーリンク

b-2-4.ブリハット パラシャラ ホーラ シャストラ Chapter3 惑星の表意と性質 1-3

ブログの最初に戻る。

a-1-1.インド式占星術

コメント