b-8-1.ブリハット パラシャラ ホーラ シャストラChapter6特別なアセンダント13-16

インド式占星術の教則本はAMAZONで容易に手に入ります。多くの本に触れてインド式占星術の世界を感覚的につかめるようになることが、習得する上での近道となるでしょう。皆さまが多くの良書に出会えるようお祈りいたします。

スポンサーリンク

 

13-16 さて、誕生した人の長寿に効用があるのは何なのかを知るためだけに、ヴァルナダ・ダシャーについて詳しく説明します。出生時のラグナが奇数の星座である場合、牡羊座から出生時ラグナまでを直接数えます。出生時のラグナが偶数の星座である場合は、魚座から出生時ラグナまでを逆の順序で数えます。賢明で学識のある人は、牡羊座と魚座から出生時ラグナまでを数える必要があります。同様に、ホーラ・ラグナが奇数星座にある場合は、牡羊座からホーラ・ラグナまでを直接数えます。ホーラ・ラグナが偶数星座にある場合は、魚座からホーラ・ラグナまでを逆の順序で数えます。両方の結果が奇数星座または偶数星座の場合は、両方の数値を足します。一方が奇数でもう一方が偶数の場合は、2つの値の差を求めてください。この過程で最新の値が奇数である場合は、牡羊座からの非常に多くの星座を直接数えます。偶数の場合は、魚座からの非常に多くの星座を逆の順序で数えます。

用語

  • ヴァルナダ・ダシャー:長寿について読み取ることのできるダシャー
  • ラグナ:出生時の東の地平線方向の延長上に位置する天空の点
  • ホーラ・ラグナ:金銭(経済状況)について読み取ることのできるラグナとされている

※用語の意味については間違っている可能性があります。今後も情報を集めて、判明し次第訂正していきます。

 

解説

ヴァルナダという言葉の内、ヴァルナは色、ダは与えるという意味があり、合わせて考えると、色を与えるという意味になります。インド式占星術の場合、色とは階級を指すので、階級を与えるものという捉え方も出来るでしょう。自分自身の健康、長寿、外見を読み取ることができ、同じように室や星座から家族の情報を知る事ができると言われております。詩句中の「賢明で学識のある人は、牡羊座と魚座から出生時ラグナまで数える必要があります」という文言は、占星術師が賢明で学識のある人ならば、ヴァルナダ・ダシャーを求めずに鑑定することはないと仰っているのでしょう。

それではugの出生データを用いて、ヴァルナダを求めてみましょう。

  • ラグナ:蟹座(4番目の星座)
  • ホーラ・ラグナ:水瓶座(11番目の星座)

ラグナは蟹座(四番目の星座)にあります。偶数星座なので、魚座から逆に数えて何番目なのかを調べる必要があります(図の赤色数字参照の事)。魚座を1と数えてそこから逆回りに進んだ9番目の星座ということになります。

ホーラ・ラグナは水瓶座(11番目)にあります。奇数星座にあるので、牡羊座から順に数えて何番目になるのかということです(図の水色数字参照の事)。当然ながら11番目となります。

両方の数字が奇数ですので9+11となり、合計は20となります。この最終結果が偶数ですので、魚座から逆に数えて20番目の星座を探します。Ugのヴァルナダは獅子座ということになるわけですね。

※ホーラ・ラグナの求め方については、下記記事をご参照ください。

b-7-8.ブリハット パラシャラ ホーラ シャストラChapter6特別なアセンダント1-9

※翻訳元であるペーパーバックのこのChapterにはノートとしてわかりやすい解説がついています。気になる方は下記の原著を当たられると良いでしょう。(著作権問題があるため以後のChapterでノート部分の翻訳を掲載することはありません)

スポンサーリンク


Brihat Parasara Hora Sastra: A Compendium in Vedic Astrology: 2 Volumes

 

次回は

b-8-2.ブリハット パラシャラ ホーラ シャストラChapter6特別なアセンダント17-23

となります。

※筆者は日本国内および世界における全ての宗教団体とは一切関係ありません。

※サンスクリット語で書かれた原典から英語、英語から日本語への翻訳となっているため、齟齬の可能性をご理解の上、インド式占星術学習の参考にしていただければ幸いです。尚、サンスクリット語から日本語に直接翻訳された書物が下記の電子出版物となります。

 

スポンサーリンク

b-8-1.ブリハット パラシャラ ホーラ シャストラChapter6特別なアセンダント13-16

ブログの最初に戻る。

a-1-1.インド式占星術

コメント