b-3-2.ブリハット パラシャラ ホーラ シャストラChapter3惑星の表意と性質23-30

インド式占星術の教則本はAMAZONで容易に手に入ります。多くの本に触れてインド式占星術の世界を感覚的につかめるようになることが、習得する上での近道となるでしょう。皆さまが多くの良書に出会えるようお祈りいたします。

スポンサーリンク

 

賢者パラシャラの返事(続き):

23 太陽の性質:太陽は蜂蜜色の目、四角い体を持っています。 彼は清廉な傾向があり、気難しく、知性があり、男らしく、そして頭の毛は限られます。

24 月の性質:おおブラフミンよ、月は非常におしゃべりで冷静です。 彼女は丸みを帯びた身体をしていて、勤勉です。 彼女は吉相と優しい口調をしており、気まぐれでとても好色です。

25 火星の性質:おおブラフミンよ、火星は残酷で、血のように赤い目をしており、気まぐれで進歩的な心を持ち、気難しく、細い腰と細い体格をしています。

26 水星の性質:おおヴィプラよ、水星は魅力的な体格と、しゃれ、二重の意味を持つ言葉、面白みのある言葉を話す能力を有しています。 彼は、気難しさ、冷淡、風(ヴァータ)の三つの体液全てを併せ持っています。

27 木星の性質:木星は体が大きく、蜂蜜色の目と髪をしており、冷静な知性の持ち主で、全ての論文(古典)を学んでいます。

28 金星の性質:おおブリグストゥ!金星は楽しく、体格が魅力的で、美しく輝く目をもち、詩人であり、冷淡でおしゃべり、巻き毛です。

29 土星の性質:おおブラフミンよ、土星はやせ衰えた長い体格、蜂蜜色の目、気質は風が強く、歯が大きく、怠惰で、格好悪く、ざらざらとした荒い髪をしています。

30 ラーフとケートゥの性質:ラーフは青い煙のような体格をもち、森に住んでいて恐ろしげです。 彼の気質は風が強く、知的です。ケートゥもラーフに似ています。

 

用語

  • ブラフミン:僧侶(弟子であるマイトレーヤへの呼びかけ)
  • ブリグストゥ:ブリグの息子
  • ブリグ:七大賢者の一人
  • ヴィプラ:知識に恵まれている僧侶
  • ヴァータ:三つあるドーシャ(体質)の一つ

 

解説

26 水星の文中において「 彼は、気難しさ、冷淡、風(ヴァータ)の三つの体液全てを併せ持っています」において体液と書かれている部分については、当ブログで「体質」としているドーシャについての記述と思われます。

29 土星の文中において「気質は風が強く」と書かれている部分の風については、26 水星の性質の中で「風(ヴァータ)」との記述に習ってヴァータの事を意味すると思われます。つまりここで言う気質とは、当ブログにおいて体質としているドーシャのことを指していることになります。

30 ラーフ・ケートゥの文中において「彼の気質は風が強く」とある部分の風についても、土星同様ヴァータの事を意味すると思われます。「青い煙のような体格」についてはどんな体格なのか、過去に1室ラーフ入室の人物に会ったことがないのでわかりません。今後の研究課題の一つとなります。ケートゥ1室については、一般受けしないながらも独特な魅力ある人物を多く見受けます。

参照記事

a-1-6.ドーシャ(体質)

 

翻訳元であるペーパーバックのこのChapterにはノートとしてわかりやすい解説がついています。気になる方は下記の原著を当たられると良いでしょう。(著作権問題があるため以後のChapterでノート部分の翻訳を掲載することはありません)

スポンサーリンク


Brihat Parasara Hora Sastra: A Compendium in Vedic Astrology: 2 Volumes

 

次回はChapter3 惑星の表意と性質 31-32 となります。

b-3-3.ブリハット パラシャラ ホーラ シャストラChapter3惑星の表意と性質31-32

※筆者は日本国内および世界における全ての宗教団体とは一切関係ありません。

※サンスクリット語で書かれた原典から英語、英語から日本語への翻訳となっているため、齟齬の可能性をご理解の上、インド式占星術学習の参考にしていただければ幸いです。尚、サンスクリット語から日本語に直接翻訳された書物が下記の電子出版物となります。

 

スポンサーリンク

b-3-2.ブリハット パラシャラ ホーラ シャストラChapter3惑星の表意と性質23-30

ブログの最初に戻る。

a-1-1.インド式占星術

コメント