a-8-7.惑星の燃焼

スポンサーリンク
インド占星術を学びたいならば一番最初に読むべき基本の基!
この本の内容が理解できなければ、そもそもこの世界に足を踏み入れないほうが良いでしょう!

KNラオ著  清水俊介訳

インド式占星術の教則本はAMAZONで容易に手に入ります。多くの本に触れてインド式占星術の世界を感覚的につかめるようになることが、習得する上での近道となるでしょう。皆さまが多くの良書に出会えるようお祈りいたします。

スポンサーリンク

 

太陽は太陽系内で最も大きく、その力は他の惑星を軽く圧倒しています。例えば太陽と同じ方向にある月が見えなくなるように(除く日蝕時)、太陽は惑星の存在を見た目上ではありますが阻害します。そのため、惑星が太陽に近づくと太陽が発する熱によりそれぞれの惑星が表すことについて機能不全が起きると言われています。

インド式占星術では、太陽にある程度以上近づいた惑星について燃焼(コンバースと)していると表現します。出生図を読む場合は、燃焼の有無を見逃さないように注意が必要です。

 

惑星が太陽に近ければ近いほど、燃焼の度合いは高いと言われています。ただし、太陽の具合(高揚・ムーラトリコーナ・減衰等)によって実際の人生における現れ方には違いが出ることを覚えておきましょう。

各惑星の燃焼度数は以下となります。

  • 月:太陽の両側12度以内
  • 水星:巡行中は太陽の両側で14度以内(13度の説もあり)、逆行中の場合は12度以内
  • 金星:巡行中は太陽の両側で10 度以内、逆行中の場合は8度以内
  • 火星:太陽の両側で17度以内
  • 木星は太陽の両側で11度以内
  • 土星:太陽の両側で15度以内

尚、ラーフとケートゥには燃焼はありません。ラーフとケートゥは太陽を隠す存在なので、両者と近い場合に被害を受けるのは太陽の方となります。また、水星は太陽の近くを廻っている為、水星の燃焼はよくあることです。燃焼による機能不全は社会的に許容されていると考えて問題ないでしょう。

※ 月は天文学的には衛星ですが、インド式占星術の技法に則り、この記事では惑星として扱っております。

さて、今後は古代の賢者パラシャラの教えを少しずつ翻訳していきます。これまでの学習が骨だとしたら、これからは肉としての内容となるでしょう。これまでお話しした内容も度々出てくるので、復習にもなると思います。パラシャラの教えは本になって現代まで伝わっています。

本のタイトルは

BRIHAT PARASHARA HORA SASTRA

といいます。インド式占星術のコンピュータソフトやアプリケーションについている機能のほとんどが、同書の内容を元に作られています。この本の学習なくしてインド式占星術の習得はありえません。一緒に学習していきましょう。

b-1-1.ブリハット パラシャラ ホーラ シャストラ序文

スポンサーリンク

a-8-7.惑星の燃焼

ブログの最初に戻る。

a-1-1.インド式占星術

コメント