b-6-6.ブリハット パラシャラ ホーラ シャストラChapter4黄道12星座の説明25-30ニシェカラグナ

インド式占星術の教則本はAMAZONで容易に手に入ります。多くの本に触れてインド式占星術の世界を感覚的につかめるようになることが、習得する上での近道となるでしょう。皆さまが多くの良書に出会えるようお祈りいたします。

スポンサーリンク

 

25-30ニシェカラグナ:パラシャラはマイトレーヤに言います。

おお、全ての優秀な賢者よ、私の話を聞きなさい。おおマイトレーヤ、考えてみなさい。ここで、出生時のアセンダントがはっきりしている時に、ニシェカラグナに到着する方法について説明します。土星が占めている室とマンディ(グリカ)が占めている家の差が予め判明しています。その結果にアセンダントと運命の室(第9の家)の差が付け加えられます。ラーシ(星座)や度などの産物は、ニシェカ(受胎)から誕生までの月・日などを象徴します。アセンダントの主が目に見えない半分の位置(アセンダントの室から反時計回りに6室)にある場合、月が占めているラーシ(星座)において移動した度数などが上記の結果に追加されます。上記の方法でニシェカラグナを計算し、その結果を誕生した人のニシェカラグナと見なすと、子宮内で彼が経験した良い影響と悪い影響を推測して伝えることができます。また、ニシェカラグナの助けを借り、想像力を発揮することで、誕生した人の長寿・死などとその人の両親の影響をよく知ることができます。

 

用語

  • ニシェカラグナ:両親の性交時のラグナ 
  • パラシャラ:占星術の祖とも言える賢者
  • マイトレーヤ:パラシャラの弟子である僧侶
  • アセンダント:西洋占星術における、東の地平線方向の延長線上にある天空の点、インド式占星術におけるラグナ(より正確にはジャンマラグナ)
  • マンディ:土星の質に関係すると言われる目に見えない天空上の点
  • グリカ:土星の時間割
  • ラーシ:星座

 

解説

翻訳した書籍においてはニシェカラグナ(受胎)となっているものの、本来的には両親の性交時のラグナのことです。受胎(卵子と精子が結合する時)のラグナには、アダナラグナという名称が当てられています。

「アセンダントの主が目に見えない半分の位置(アセンダントの室から反時計回りに6室)」とは1室の支配星が地面の下に位置することを言う。つまりアセンダントとディセンダントを結んだ線によって区切られた天球の内、下半分ということです。

翻訳した書籍においてはマンディ(グリカ)と書かれているため、そのまま表記しました。本来はマンディとグリカは別のものであることがわかっています。

 

参照記事

アセンダント・ラグナについて

a-1-9.配置図(クンダリ―)

グリカについて

b-5-1.ブリハット パラシャラ ホーラ シャストラChapter3惑星の表意と性質66-70

※翻訳元であるペーパーバックのこのChapterにはノートとしてわかりやすい解説がついています。気になる方は下記の原著を当たられると良いでしょう。(著作権問題があるため以後のChapterでノート部分の翻訳を掲載することはありません)

スポンサーリンク


Brihat Parasara Hora Sastra: A Compendium in Vedic Astrology: 2 Volumes

 

次回は

Chapter5

惑星の位置を探し当てるために 1

となりますが、読む必要はありません。

※筆者は日本国内および世界における全ての宗教団体とは一切関係ありません。

※サンスクリット語で書かれた原典から英語、英語から日本語への翻訳となっているため、齟齬の可能性をご理解の上、インド式占星術学習の参考にしていただければ幸いです。尚、サンスクリット語から日本語に直接翻訳された書物が下記の電子出版物となります。

 

スポンサーリンク

b-6-6.ブリハット パラシャラ ホーラ シャストラChapter4 黄道12星座の説明 25-30 ニシェカラグナ

ブログの最初に戻る。

a-1-1.インド式占星術

コメント